12月の中旬:オスロからオランダのアムステルダムへ3泊4日旅行

オスロからヨーロッパ各国は、どこに行くにもそんなに遠くはなく、航空運賃も安いです。
そこで、12月中旬にアムステルダムに行ってきました。

KLMのチケット
オスロ-アムステルダムの往復航空券:7000円ほど。安い!!
KLMの正規航空券
KLMの正規航空券

アムステルダムについて

IMG_6237

アムステルダム

・オランダの首都であり、その始まりはアムステルダムの河口にダムが作られ、街が発展していったことから「アムステルダム」と呼ばれるようになったそうな。アムステルダムの中央駅を起点とし、運河が網目模様に広がっており「水の都」とも呼ばています。
・レストランなどでは基本的にカードを使えますが、トラム・バス乗車時にはキャッシュが必要。また、アムステルダムでは「食べ歩き」が盛んらしく、露店で買って食べたいという方はキャッシュがある方が便利です。
・治安は悪くはありませんが、大麻(weed)の一定量の所持、販売が合法なので、街中で大麻の匂いがします。「coffee shop(コーヒーショップ)」という店が大麻を取り扱っている店で(※コーヒー屋さんではありませんのでご注意を)、街の至る所で見られます。暗くなるにつれて、大麻の匂いがきつくなります。
・アムステルダムは自転車の街と知られるぐらい、自転車の交通量が多いです。みんなかなりのスピードで漕いでるので歩行の際には気をつけてください。

今回私が訪れた場所をざっと並べてみると

・Anne frank house(アンネ・フランクの家)
・Van Gogh(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ美術館)
・Canal tour(ボートツアー)
・Rijksmuseum(国立美術館)の前の”I amsterdam”のサインで記念撮影
・Cheese museum
・Febo(自販機式のファストフード店)
・Mannken pis(フライドポテト屋さん)
・Albert Cuyp Market
・Eye museum
・Zaanse Schans(スカンス・風車村)

ヨーロッパの巨大ハブ空港としても有名なスキポール空港に到着後、アムステルダム市内へ。今回は宿泊先の関係でバスを使用。空港はとても大きいですが、標識がわかりやすいので迷うことなくバス・ターミナルにたどり着けます。空港のバス・ターミナルから、197番のバスでLeidseplein(ライツェ広場)まで行けます。(夜間は97番または358番が出てるそう)チケット売り場(車)がバスターミナルの中央あり、そこで片道・往復(1ユーロぐらいお得だったような)のチケットが購入できます。
片道:5ユーロ(バスの中でもチケット購入可)
Leidseplein広場はcity center近くですが、中央駅まで歩いたら30分程度かかりますのでご注意を。広場までは約1時間
バス・電車共に、24時間体制なので、何時についても基本的に市内へ行けるようになっています

上のリストで特によかったなと個人的に思ったのが
・Anne frank house(アンネ・フランクの家)
・Van Gogh museum(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ美術館)
・Canal tour(ボートツアー)

この3つについて紹介したいと思います

Anne Frank Huise(アンネ・フランクの家


住所:Prinsengracht 263-267, 1016 GV Amsterdam, Nederland
公式サイト:http://www.annefrank.org
入場料:9ユーロ(大人)
開館時間:9時〜22時(11月〜3月は19時まで)
※9時〜3時半までは事前ネット予約のみ入館可能(3時半からは普通入場可能)

1942年から約2年間、ナチスの迫害(ユダヤ人狩り)から逃れるために、アンネ・フランク一家を含む計8人が隠れ家として利用していた実際の家を利用した博物館です。
※大変人気なのでネット予約必須
希望日の前日には売り切れるので2日前までにはチケット購入しといた方がいいです、上記の公式サイトから購入可能です。(別日にふらっとアンネの家の横を通ったら、通常入場の長蛇の列ができていました)

実際にアンネ・フランクが隠れていた家に入ることができます。アンネ・フランクらがどうのような経緯で隠居生活を始めることになったのか、どのような生活を強いられ、怯えながら生活していたのか、どのような最期を迎えたのか、アンネの日記を辿りながら、当時の状況を知ることができます。アムステルダムにきたら、最優先できてほしい所です。

Van Gogh museum(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ美術館)

住所:Museumplein 6, Amsterdam
公式サイト:https://www.vangoghmuseum.nl/en
入場料:17ユーロ
音声ガイド:5ユーロ (タッチパネル/7か国語対応・日本語あり)
通常: 9:00am-5:00pm (金曜日のみ9:00am-10:00pm)
朝10時からのチケットを購入したのですが、到着時すでにチケット購入のための長蛇の列が出来ていたので、、事前にオンライン購入することをオススメします。
ポスト印象派で有名なゴッホの一生を辿りながら作品を鑑賞することができる美術館です。美術館は全部で4フロア、ゴッホの油絵約200点、素描約500点、書簡約700点が展示されてます。
ゴッホが何に影響を受け、どのように自分のスタイル深めていったのかを知ることが出来ます。家族に宛てた手紙なども展示されていたり、かの有名な耳たぶを切り落とす事件についても詳しくその経緯が紹介されており、ゴッホという一人の人間の人生に焦点を当てていて、非常に面白かったです。音声ガイドには、ゆっくり鑑賞コースと美術館のハイライトだけ解説してくれるコースの二つから選べます。せっかくなので私はゆっくり鑑賞コース。約1時間半と表示されていたのですが、作品の横の説明を真面目に読んでいったら3時間以上はかかりますね。個人的にとても好きな美術館でした。

Canal Tour(ボート・ツアー)

北のヴェネツア、とも呼ばれるアムステルダムは同心円状の運河に囲まれていて
UNESCOの世界遺産に登録されている運河地区もあるほどです。街を歩いていると、多くのボートツアーを目にします。ノーマルなものから、ピザを食べながらのツアー、チーズとワインを堪能できるツアー、夜のキャンドルツアーなど風変わりなボート・ツアーもたくさんあります。会社によって出発場所、時間、コース内容、値段などが微妙に違ってくるので、ぜひチェックしてみてください。私は、たまたま入ったカフェでクーポン券もらったのでBlue Boat Companyと呼ばれる、Rijksmuseum近くのボート・ツアーに参加しました
Blue Boat Company
公式サイト:http://www.blueboat.nl/index_en.html
料金:canal city tour(16ユーロ)

ボート

ボート


ボート・ツアーは天候次第ってところもあるので、事前にネット予約するよりかは、現地で購入したほうがいいと思います。頻繁に運行していたり、多くの会社がやっているので、予約しないと乗れないということはないと思います。基本的にボートツアーでは市内の主要な観光地を1時間ほどかけてぐるっと回ってくれるので、土地感覚が掴めていない初日に参加しするのが個人的にオススメです。外にでたい方は防寒(冬)必須です。