実際にやったTOEFL対策

米国に留学した次女のTOEFLの対策は、**氏作成のコンテンツに絞った。

単語、熟語、テキスト、問題集 これを徹底的に繰り返した。
TOEFLの成績はなかなか合格点に達しなかったが、3月のテストで
クリアし、娘もこれで留学できると、ほっとしていた。

TOEFLのこの点数は、決して高いものではなく、4年制大学やMBAの
要求レベルと比べると低い。2年間で頑張るようにとのことだと思う。

ちなみに、高校1、2年時の英語の成績は、5段階評価で3であり
英語に関してはごく普通の成績だった。

 

 

TOEFL対策に有効なおすすめ英語学習

TORAEL

これは、知人の竹末氏が主宰しているマンツーマンのスクールです。
縁あって、いまオスロに留学している(2017年3月時点)三女が受講しました。

ビジネス向けなので、学生の娘には無理だろうかと思って受講させたけれど、短期で学力がアップしてとても良かったらしい。
高校生でも、大学生でも大丈夫なようだ。
とくに、留学にあたっては膨大な教科書を読まされるので、速読は必須だと思う。

2日でウォールストリートジャーナルが読めるようになる! 英語最速理論TORAEL

 

***********娘の感想(竹末さんへのお礼のメールから)

竹末さん
こんにちは。

先日は参加させていただき、どうもありがとうございました。
英語学習の中でも「読解」は1番伸びに悩んでいた部分でして、昔から何をすればいいのか分からず、意味をあまりつかめないまま難解な文章をがむしゃらに読んでいましたり

先日、TORAELに参加させていただき文法、文章の構造の大切さを徹底的に教えていただいた結果、読解を苦手としている理由がはっきりとわかりました。
高校時代、人より英語を得意としていた私は、「文法なんてなくても単語わかれば長文はなんとなく読めるし、SVOとか文型とか先生に言われんくてもわかる~」なんてなめた考えをしていました。もちろん文法の勉強はおろそかにし、
テスト前だけ大量に暗記する、一時的に記憶しなければならない面倒くさいもの、その程度にしか思っていなかったのです。

「こんななめた考えて、今までよく長文読解してきたな、、、」TORAELに参加して、ひしひしと感じました。
初日は全然できなかった見える化も、膨大な宿題をきっかけに、だいぶ理解することができるようになり、二日目の最後には、今までの自分では信じられないほど楽しく新聞を読むことが出来ました。

青と緑の判別、という課題が残りましたが、これを克服し、今回受講させていただいた内容を確実に自分のものとするために、これからも継続して取り組みます!

こんなにも貴重で価値ある体験を、受講させていただき、本当にありがとうございました!!!!!
父娘ともに今後もどうかよろしくお願いしますm(_ _)m
この度は本当にありがとうございました。

**********

↓TORAELの公式サイトへは下記から行けます↓

 

 

 

スポンサードリンク