留学先のコミュニティカレッジの選択

留学戦略は、まずコミュニティカレッジへ入学し、英語と学業成績を上げ、それをベースにUSへ
編入するという方向性をとりました。

コミュニティカレッジ入学でのTOEFL要求レベルは4年制大学よりも低いし、学業成績も、
高校の時の成績が悪くても、カレッジでの2年間に頑張ってGPAをあげればよい大学に編入が
可能だからです。

それと、もう一つの大きな理由が授業料です。
UCLAに代表される4年制大学は、とても規模が大きくて充実しています。そのために授業料も
高く、2年間をコミュニティカレッジで過ごすほうが授業料が安く済みます。

コミュニティカレッジは、下記の2つに絞り込みました。

1.De Anza College(ディアンザカレッジ)

  https://goo.gl/LHn8FY
  http://www.deanza.edu/
  こちらは、シリコンバレーの中心であるクパチーノにあり、Appleの隣に位置します。
  サンフランシスコにも近く、都会の真ん中の学校。という感じです。

2.Diablo Valley College(ディアブロバレーカレッジ)

  http://www.iec-dvc.edu/jp/iec-dvc.html
  https://www.dvc.edu/
  このカレッジは、サンフランシスコから北、バークレーよりもやや北に位置しており、 
  閑静な郊外に位置する大学という感じです。
 

これらの2つを最終候補として選択した理由は

  1.最終的にカリフォルニア州立大学にトランスファーしたいから、それらの大学に多く
    トランスファーを排出している学校のほうが経験があって有利だから。
  2.サンフランシスコ&シリコンバレー地区に位置しており、日本からも近く比較的安全。
  3.気候がよい
  4.海外からのトランスファー目的の留学生が多く、サポートも充実している。また、
    UCバークレーをはじめとしたUCへ編入する学生が全米でもトップクラスである。

  というような理由です。

  最初から、4年制のUCLAとかに行かなかったのかという質問もあるでしょうが、この時点
  の高校での英語も、成績もとても直接行けるようなものではありませんでした。

現地見学

  どちらのカレッジもHPで見ただけで、訪問したことはありませんでした。
  そこで、5月の連休に娘と2人で見学に行きました。
  アポイントを取っていたわけではなくて、ただふら~っと見てきたという感じです。

  その結果、
  1.大学周辺の環境(都会か田舎か、勉強に専念できそうかどうか)
  2.大学構内の清潔さ、雰囲気
  などを考慮して、Diablo Valley Collegeのほうがよさそう。
  という感触を持ちました。

※大学は、空港からも離れていますので、空港でレンタカーを借りて運転してゆきました。