ノルウェー滞在許可証とNorwegian IDの手続き

ノルウェー到着後に必要とされる、滞在許可証とNorwegian IDについての手続きを簡単に述べたいと思う。

滞在許可証の申請は1週間以内

留学目的の長期滞在は、留学生用の滞在許可証が必要だ。

国ごとに申請については決まりがあるが、ノルウェーでは、ノルウェー到着後1週間以内に滞在許可証の申請を国に提出しなければならない。
これがなければ90日以上の滞在は認められない。

娘の場合、事前にオスロ大学から滞在許可証の手続きの案内が来ており、また大学のオリエンテーションウィーク期間中に許可証申請日が設けられていたので特に心配することもなくスムーズに申請できた。

滞在許可証は身分証明書にもなり、年齢確認などの際にも使える。(学生証は使えない場合が多い)
このカードをゲットできたら、次はNorwegian IDの申請だ。

 

銀行口座を開設するならNorwegian IDも忘れずに申請

Norwegian IDとは、ノルウェーで暮らすうえでのID(銀行口座開設以外にも納税などのときに必要)。

ノルウェーの銀行口座を開くためにはNorwegian IDが必要であるが、短期滞在(1セメスター)やinternational transfer (海外送金)する予定のない学生など、銀行口座が必要でない学生はとくに申請する必要ない。
(ちなみに滞在許可証の申請、Norwegian IDの取得、銀行講座の開設トータルで数ヶ月〜かかるので注意が必要だ)

娘はNorwegian ID手続き際に、手続き側のミスが生じ(名前表記ミス)、ノルウェー到着後2か月にようやく銀行口座開設の申請を終えたが、数週間経っても銀行からの案内が来ていない。
確認したところ、オンライン申請から6週間ほどかかるそうだ。

ちなみに銀行はDNBと呼ばれる大手の銀行を選んだ。

手続きは非常に遅いが、ノルウェー語だけでなく英語での細かい説明がされているので、留学生には人気の銀行であるからだ。